忍者ブログ

孤島の奇譚

思いつきで始めるブログ。漫画や音楽、アニメ、小説などの感想や、突飛な思いつきなどを書く。プログラミングが趣味だから、そういう話もしたいところ。一度失敗したのに懲りないのはいつものことだ。移動しました→http://isolated-hyakunin-isshu.blogspot.jp/

「電車かもしれない」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「電車かもしれない」

 皆さんは「電車かもしれない」という楽曲をご存知だろうか。アニメーションの方は知っているという方が多いかもしれない。少女が奇妙な楽曲に合わせて踊ったり回ったり縄跳びをしたりしているあのアニメーションである。 知らないという方も、検索すればそれっぽいのが出てくるはずである (おそらく違法アップロードという奴だが) 。今回はこのアニメーションに関係する話をしたい。

 このアニメーションの作者は近藤聡乃氏である。近藤氏は画家であると同時に漫画家でもあり、現在は「ニューヨークで考え中」などの漫画を描いている。このWeb漫画を読めば分かるとおり、現在はニューヨークに住んでいるらしい。近藤氏の作品はウェブサイト「Akino Kondoh」で鑑賞することができる。 近藤氏は1980年生まれで、出身地は千葉県である。2003年に多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業している。 件のアニメーションを完成させたのは2002年のことで、近藤氏が大学4年生だったときのことだ。

近藤聡乃作品集

「電車かもしれない」のシーンが掲載されたページもある。


 そもそも「電車かもしれない」という奇妙な題名は、元はロック(?)バンド・たまに在籍していた知久寿焼氏の楽曲である。 「アックス」第42号に収録された近藤氏と知久氏の対談によると、近藤氏があのアニメーションを制作した理由にはたまが好きだったということもあったようだ。アニメーションに使う楽曲の候補は「電車かもしれない」と「満月ブギ」の二つだったらしい。アニメーションにしやすい楽曲だったそうだ。

「アックス」第42号

近藤聡乃氏と知久寿焼氏の対談が収録されている。表紙は近藤氏の作品。近藤氏の作品にはこの少女を描いた作品が数多く見られる。

汽車には誰も乗っていない

たまの楽曲が収録。アニメーションに使用された「電車かもしれない」はこちらに収録されている。同じく収録された「汽車には誰も乗っていない」や「まばたき」もかなりの名曲である。他にいくつかインストゥルメンタルも収録されている。

しょぼたま2

こちらにも「電車かもしれない」が収録されているが、近藤氏のアニメ作品に使われたものとは異なるバージョンであるため注意。こちらのバージョンも秀逸。

たま ナゴムコレクション

「満月ブギ」が収録されている。「満月ブギ」は柳原陽一郎氏の楽曲である。

 前述の対談によれば、近藤氏は「月刊カドカワ」で連載されていた「たまの百葉箱」が好きだったらしく、知久氏の絵を全て模写していたそうだ。もしかしたら、近藤氏の作品はたまの影響を受けているかもしれない。 なお、「はこにわ虫」に収録された「はこにわ三部作」はたまの楽曲「はこにわ」 (柳原陽一郎氏の楽曲) が題材となっている。たまのファンは必見である。

はこにわ虫

 前述の対談には他にも昆虫に関係する話も語られている。知久氏はツノゼミなどの昆虫が好きな人物であり、近藤氏も昆虫を題材とした作品を制作している。気になる方は是非とも一読することをおすすめする。国会図書館などを利用するといいだろう。ちなみに、近藤氏は対談中、羽化したての虫について「すごく美味しそう」「チェルシーのヨーグルト味がしそう」という強烈なコメントを残している。

 最後に近藤氏ゆかりの事物のアフィリエイトを掲載してこの記事を終了したいと思う。

うさぎのヨシオ

漫画家を目指すうさぎのヨシオの物語。4コマ漫画である。

ニューヨークで考え中

前述のWeb漫画が本になったもの。

チェルシー

羽化したての昆虫は……。

今森光彦「昆虫記」

件の対談中で近藤氏が気に入っていると語っていた書籍。知久氏も持っているという。

参考文献



拍手[0回]

PR

コメント

PR

伝説のロック(?)バンド「たま」の楽曲を聞くならばとりあえずこの1枚を。

筋肉少女帯入門に最適のベスト盤。

筋肉少女帯の最高傑作。「狂気」をテーマにした楽曲を集めたアルバム。「蜘蛛の糸」と「ハッピーアイスクリーム」が特に好き。

谷山浩子入門に最適のベスト盤。暖かく優しい白の楽曲と、奇妙な味の黒の楽曲の両方を楽しめる。

天才研究者の姉が貝殻人間になった理由とは。衝撃的な表題作を筆頭に、きょうだいたちの物語が収められた短編集。

遠い未来、人間は宝石となった。弱く脆い主人公・フォスフォフィライトの変化の物語。

大槻ケンヂ氏の短編小説集。悩める中学生・高校生におすすめしたい。