忍者ブログ

孤島の奇譚

思いつきで始めるブログ。漫画や音楽、アニメ、小説などの感想や、突飛な思いつきなどを書く。プログラミングが趣味だから、そういう話もしたいところ。一度失敗したのに懲りないのはいつものことだ。移動しました→http://isolated-hyakunin-isshu.blogspot.jp/

XHTMLにMathMLとSVGを埋め込む

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

XHTMLにMathMLとSVGを埋め込む

MathMLのエレメントをXHTMLのドキュメントに埋め込んだ例
MathMLのエレメントをXHTMLのドキュメントに埋め込んだ例

 XHTMLはXMLでHTMLを表現したもので、一時期はもてはやされたらしいが今は下火らしい。 XHTMLはXMLであるため、名前空間の異なるXMLのエレメントなどを同じドキュメントに混在させることができる。 そのため、XHTMLにMathMLやSVGのデータを埋め込むことができる。

 MathMLは数式をXMLで表したものである。適当なソフトウェアで数式を作成し、MathMLの形式で出力すれば、XHTMLに埋め込んで表示することができる。 HTMLで数式を表す方法としては数式をラスタ画像に表示する方法がよく使われていたようだが、ラスタ画像は拡大するとギザギザが目立つなどの欠点がある。 よほど古いブラウザでなければMathMLを表示できると思うため、数式をウェブページ上で表現したいときは積極的に使ってもいいと思う。

 SVGとはベクタ画像をXMLで表現したものである。ベクタ画像はグラフなどの表現に適している。 SVGはXHTMLに直接埋め込まなくてもimg要素を利用すれば表示できるようだ。 SVGも画像ではあるがXMLであるため、JavaScriptでDOMを利用すれば操作することが可能である。 今はHTML5のCanvas 2Dもあるが、こちらはラスタ画像をJavaScriptで操作するための手法である。使い分けることも可能ではあると思う。

 XHTMLにMathMLやSVGを埋め込んだ結果については「XHTMLにMathMLとSVGを埋め込む」に掲載している。また、直接には関係ないが、Canvas 2Dを使って色々と試した結果も「Canvas 2Dで色々」掲載している。SVGと比較してみるといいかもしれない。



拍手[0回]

PR

コメント

PR

伝説のロック(?)バンド「たま」の楽曲を聞くならばとりあえずこの1枚を。

筋肉少女帯入門に最適のベスト盤。

筋肉少女帯の最高傑作。「狂気」をテーマにした楽曲を集めたアルバム。「蜘蛛の糸」と「ハッピーアイスクリーム」が特に好き。

谷山浩子入門に最適のベスト盤。暖かく優しい白の楽曲と、奇妙な味の黒の楽曲の両方を楽しめる。

天才研究者の姉が貝殻人間になった理由とは。衝撃的な表題作を筆頭に、きょうだいたちの物語が収められた短編集。

遠い未来、人間は宝石となった。弱く脆い主人公・フォスフォフィライトの変化の物語。

大槻ケンヂ氏の短編小説集。悩める中学生・高校生におすすめしたい。